パティシエ トカノ

パティシエトカノ史上初の商品の登場です。
『シュトーレン』
ヨーロッパではクリスマスが近づくと、このシュトーレンを日に日に切って食べてクリスマスを心待にするという文化があるそうです。
ここ数年、日本の多くのパティシエ、ブーランジェがこのシュトーレンを焼いていて、業界では密かなブームのようです。
パティシエトカノのシュトーレンは、苦手な方も多いシナモンなどのスパイスは入っていません。しかし、中に練り込んだフルーツやナッツは本格的!!アプリコットやプラム・レーズン・オレンジ・リンゴ・パイナップル・チェリー・くるみ・アーモンド・ヘーゼルナッツなどたっぷりの具材をラム酒で漬け込んで生地に練り込んでいます。
バターと砂糖が織り成す表面のコーティングもいい感じに出来ました。
是非お試しをー。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る